FC2ブログ

獣になった私たち

11月1日(木) 曇りときどき雨(みぞれ)

 自転車通勤には辛い季節になってきました。
 すこし前までは嫌になるくらい暑い日が多かったのに、今は冬の訪れを感じ始めています。
 寒がりのハナがSEXのときに服を脱ぐのを嫌がる季節です。そう。コスプレの季節ですね。
 週末から始まる楽天のセールで、新しい衣装を購入して着てもらうのが楽しみで仕方ない今日この頃です。



上いこ?

 録画していたドラマを観ながらお酒を飲んでいた私の太腿の上に座り、首に腕を回して、小首を傾げたハナが言いました。
ハナよりもお酒に弱い私の缶の中にはまだお酒が残っていて、一緒に観ていたドラマはまだ途中でした。
 私がお酒の缶を持って軽く振ってみせると、彼女は私の手からサッと缶を抜き取り、それに口をつけました。
 薄く上気した細い喉を、アルコールが流れ落ちていく音がやけにはっきりと聴こえました。
 カン…と軽い音をたてて空になった缶を卓に置いたハナが、先ほどと同じようにすこし首を傾げて、私の唇に自分の唇を押し付けてきました。そのままソファの背もたれに押し付けられた私の口の中に、すこし温くなったお酒が注がれ、ムセそうになりながら慌てて嚥下すると、今度は舌が押し込まれてきました。
 唾液とアルコールに濡れた舌を絡ませながら、ハナは腰を私の股間にこすり付けるように前後に動かします。

今日はベッドでしたいの

 お風呂やリビング、玄関など、寝室以外ですることが最近は多かったのですが、その夜はハナの希望を叶えることに。

 寝室に移動するとハナは自分でズボンとショーツを脱ぎ、長袖の上着一枚で布団の中に潜り込みました。

苦しゅうない。ささ、近う寄れ

 手招きするハナに誘われるままに、私はすべて脱いで、隣に横になりました。
 ハナはすぐに私へすり寄り、右手で私の袋や竿を、左手で私の乳首をいじり、唇と舌で私の首筋を愛撫してきます。仰向けに寝ている私の脚に擦り付けられる彼女の秘所からは、すでに愛液が溢れていました。

ん…ぁ…んんぅ

 艶めかしい腰の動きにあわせて漏れる吐息が、暗い部屋の空気に溶けて消えていきます。
 私はハナのお尻を撫でたり、もっと強く押し付けるように押さえつけたりしながら、近くまで上がってきていた彼女の唇に自分の唇を重ねました。透明な汁が滲んできた竿をしごくのをやめたハナの右手が、手持無沙汰になっていた私の左手を掴み、自らの秘所に引き込みます。

お願い……あッん!

 私はハナがすべてを言い終えるより先に、彼女のそこを愛撫し始めました。溢れた愛液は陰唇や陰核、陰毛をべっちょりと濡らしており、私の手のひら全体にぬめぬめとした感触が広がりました。手のひらで秘所全体を覆うようにし、撫であげたり、押してみたりすると、すぐにハナの口からは甘く高い嬌声があがりました。

おいで

 私の短い言葉を聞いたハナは、すぐに起き上がり、私の顔をまたいだ膝立ちの姿勢になり、両手でベッドのヘッドボードに掴まりました。そして、ゆっくりと私の口へ自分の秘所を近づけてきます。私は両手でハナの小ぶりな乳房と、その先端で存在を主張するピンと起った乳首を愛撫しながら、唇と舌と歯で糸を引く愛液を垂らすそこを刺激しました。
 ハナは駆け上がってくる快感に悶え、ヘッドボードに額を押し付けたり、反対に仰け反ったりしながら感じていて、すぐに膝立ちの姿勢を維持することができなくなってしまいました。
 私はハナの脚の間から身体を外し、ベッドにうつぶせになったハナに覆いかぶさります。自分の脚でハナの脚を挟み込み、狙いを定めてゆっくりと膣内へ。膣口からGスポット、そして子宮口を刺激され、ハナはそこで最初の絶頂へ。脚を閉じているため普段よりも圧迫感がある膣が、さらに激しく蠢きながらしめつけてくる快感に、私の口からも思わず声が漏れてしまいました。

あ…だ、め…だめだめだめ

 断続的に与えられる快感に私の竿も硬さと大きさを増し、それがさらにハナを感じさせているようでした。ピストンではなく、深く繋がったまま膣の中でグッ、グッ、グッと跳ねさせただけで、ハナは2度目、3度目の連続絶頂を迎えていました。
 ビクッ…ビクッと痙攣と強直を繰り返す身体から、苦しげに吐き出された大きな息とともに力が抜け、ぐったりと動かなくなるハナを仰向けにさせ、正常位の体勢で私はハナに口づけました。

ん…や…

 自分のアソコを舐めていたのを思い出したハナが拒絶の反応を示すのを見て、私は抜けるギリギリまで勢いよく腰を引き、再びゆっくりと奥へ。腰と腰が密着し、そこからさらに、もうすこし押し込むようにすると、

あああ! 奥…奥に!

 ハナは私の背中に両手で爪をたててしがみついてきました。
 その状態で口づけを再開すると、今度はハナの方から私の舌に吸い付き、舌を絡ませてきました。背中に跡が残るほど爪を食い込ませていた手はそのままに、私の腰を両脚でホールドしながら、ハナは吹っ切れたような、快感に完全に呑まれた蕩けた表情で私に懇願しました。

もっと。奥、奥が良いの、あー! 気持ちイイ! もっともっと。グリグリ押し付けて! あー♡♡♡」 

 リクエストに応え子宮口に亀頭を押し付けたまま、私もハナと同時に果ててしまいそうになりましたが、寸でのところで踏み止まりハナのお腹に発射しました。

 ハナの身体拭きも含めた後処理を終えた私に、

あのまま中に出してたら、赤ちゃんできたかな?

排卵日が近いから、可能性は高いね

排卵日の前後ってやっぱりムラムラするね

そうらしいよね。発情してるハナも可愛いよ。積極的で、おお♡って思う

発情って…。あーでも、その計算だと温泉旅行のときに来てるかも。〇〇ちゃんが参加できなくなったのは残念だけど、せっかく夫婦同室になれたのにね

そうしたら、撮影会だけで我慢します

写真撮るだけで我慢できるの? いつも写真撮りながらおっきくしてるのに?

うーん…

 自信のない反応をする、下半身は別人格の私。
 そんな私にハナはニコッと笑って、通常サイズに戻っていた私のものの先っちょをペロッと舐めました。

残り汁が。…我慢できなくなったら、お口でね♡

スポンサーサイト
[PR]

コメント

 
 読んでるだけで勃起してきまいした!!

 表現がお上手でその光景が浮かんできます^^

 これからも楽しみにさせていただきます^^
このコメントは管理者の承認待ちです
しも 様

コメントのお返事が大変遅くなり、申し訳ありません。
このような拙いブログをおほめいただき、大変嬉しいです。
更新が滞っておりましたが、新しい年を迎え、新たな気持ちで更新に励もうと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
勝太 様


コメントにお返事をするのが大変遅くなり、申し訳ありません。
結婚10年になりますが、仲が良いねとよく言われます。
更新が滞っていますが、新年を迎え、新たな気持ちで更新に励みたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

Copyright © ハルハナ日記 All Rights Reserved.