FC2ブログ

金木犀の香り

9月27日(木) 曇りときどき雨


 秋の空気です。
 窓を開けていると何処からか金木犀の香りが夜風にのって寝室に入ってきます。私は金木犀の香りが大好きで、家の庭にも植えたかったのですが、ハナに「トイレの臭いだから嫌」と。却下されました。

 キンモクセイといえば、活動再開されましたね。
 学生時代に「二人のアカボシ」を初めて聴いたときの衝撃を、懐かしく思い出しました。新曲が発売されるのであれば、買いたいなと思います。





 帰宅したハナを玄関で出迎えると、荷物を置いてすぐに、その手が私の股間に伸びてきました。
 珍しい行為に驚きながらも興奮する私のモノを撫でるハナを抱き寄せようとしましたが、そんな私の腕をすり抜けて背後に回り、硬くなった袋と竿を指先で、つーっとなぞってから、

ただいま

 彼女は私の背中に額を当てながら言いました。

おかえり

今日も元気だねー

不意打ちでそんなことされたら元気にもなりますよ。いきなりどうしたの?

そこにちんちんがあれば触るでしょ

エベレスト…(=゚ω゚)ノ

うーん…日和山?

 意地悪な顔で言い残して、ショックを受ける私を残し、ハナはリビングへ。
 その後、普通に夕食を食べ、入浴をすませ、録画していたドラマを数話分みてから寝室へ。
 私に背中を向けたまま毛布に包まってしまったハナに、私の方からちょっかいをかけて営みは始りました。

乳首はくすぐったいから今夜は禁止

 排卵後から生理まで、ハナは乳首を愛撫されるのを嫌がります。
 私は手に収まる控えめな双丘を愛撫するのが好きなのですが、今夜はそこを避け、他の部分をたくさん可愛がりました。
性欲が高まっているハナはすぐに甘い声を漏らし始めましたが、戸外から聞こえてきた話し声と風にのって吹き込んできた金木犀の香りで、寝室の窓を開けたままであることに気づいたようでした。

 手で口元を隠して声を抑えようとするハナを、私は責めあげます。

 すでに自分から脱いでいた下着に覆われていた部分に指を挿入し、わざと音をたてるように動かすと。

や…そんな、音聞こえちゃうから

 私の動きを静止しようと手を伸ばしてきますが、私の手首に手を添える程度の力しか入っていません。
 私はそれを無視してハナの陰核に白く粘ついた愛液をぬりつけ、それを舌で舐めあげたり唇で挟んで吸い込んだりしながら、右手で膣内を擦り続けました。ハナの好きなゆっくりと大きく出し入れする動きと、指先で下がってきた子宮口を撫でる動きを繰り返すと、わざと音をたてていたときのものとは違いますが、濡れた音が響いてきます。
 そして、それをかき消すような喘ぎ声。

愛液の音よりも、喘ぎ声のほうが大きくて、外に聞こえそうだよ

 窓の外から聞こえる話し声は、一人の男性のもの。お酒も入っているのでしょうか? 深夜ですが上機嫌でときどき大笑いしながらスマホで誰かと通話している様子です。

んんんんー!!

 慌てて両手で口を押さえるハナですが、それでは完全に静止の手がなくなり愛撫し放題!
 ハナはクリトリスとGスポットを責められて絶頂を迎え、その直後に今度は子宮口周辺を丹念に撫でまわされて、体を強張らせて震えながら数回イッたようでした。

 ぐったりとして荒い息をついているハナに、私は声を掛けないまま不意打ちで一気に挿入。
 途中で亀頭にコリコリとした感触が当たりましたが止まらずに根元まで押し込むと、

だっ…め、あ! また! い……く……!!

 挿入だけでまた達したハナは、その後のピストン運動でもう一度イってしまいました。
 私はゴムをつけていたため、そのままハナの中で。

 窓の外から聞こえていた話し声は、少しずつ遠ざかっていきました。
 すこしホッとしたような、残念なような…。
 シチュエーションは違いますが、学生時代に、SEXの最中にハナの幼馴染(♂)から電話がかかってきて、後で掛け直したいというのを却下して、SEXしながら話をさせていたのを思い出しました。声を我慢できずに慌ててケータイを遠ざけるハナや、真っ赤な顔で感じながらも睨んでくるハナ。

もー! ぜっっったい、気付かれた…

 と電話を切った後で落ち込みながらも、私がイクまで、私の上で腰を振り続けたハナも、可愛かったなぁ。
 口ではなんだかんだ言いながらも、たまにそういうシチュエーションでするといつもとは違った乱れ方をするハナ。
 これからも、すこしずつ、いろいろなシチュエーションを積み重ねていきたいと思います。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

Copyright © ハルハナ日記 All Rights Reserved.